忍者ブログ
最新記事
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
最新コメント
カテゴリー
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
<<   2017   11   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
21 November 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

女性はどちらかと言えば接客など人と接すること、人の視線を集める仕事がいいという方が多いように感じますが、男性は反対に接客よりも造る仕事がいいという方も多いですね。

自動車が好き、家電・電機が好き、プラモデルが好きだったから組み立てる仕事が好きなどがあります。

しかしここ最近は海外へ生産拠点・工場を移転する場合が多く、国内の設備投資・新工場のニュースはそんなに聞かなくなりました。

むしろ閉鎖・統合の話をよく聞きます。

工場関連の仕事に就きたい方には厳しい環境かもしれませんが、視点を変えれば工場だけではなく、料理の世界でも作ることは出来ますし、探せば製造的分野は多くあるものです。



PR

プロ野球選手の選手寿命は10年前後、引退年齢は32歳とも言われ、一般企業で退職する年齢60歳と比べると早いものになっています。

引退してから30年近く選手以外の職業に携わることが多いということになります。

プロ野球選手の引退後の道ではコーチなどチームに関わる、球団に関わる、テレビ・スポーツ紙解説者・経論家、球団から離れ一般の会社に就職、個人で起業して経営などがあります。

ファンから人気のある選手は解説者になることが多く、監督と関係がいい信頼関係がある場合にはコーチに、球団職員や幹部などと関係がいい場合には職員になる場合が多いです。

中には野球からはきっぱり別れて第二の人生として違う職業に就く方も多いです。

今は地上波での野球生中継も減りましたが、CSスカパーなどでの放送も多くなっています。

以前は数試合限定のようなものでしたが、今は中継する試合数も対戦カードも増えたので反対に解説者は増えたでしょうかね。


プロ野球選手の平均年俸は3700円前後でサラリーマンに比べるとやはり高いですね。

高年俸な選手では阪神タイガースの金本、城島、ソフトバンクホークスの松中、日本ハムファイターズのダルビッシュ有などの選手がいます。

最高では5億円になることが多いです。

今は昔まではなかった育成選手もいますが、その育成選手の最低年俸は限度額として240万円です。

昔はまだ高かったそうですが、育成枠が出来てからは引き下げられました。

ドラフト下位指名になると契約金なしのこともありますが、上位指名の場合には8000万円~1億円となります。

プロ野球界では契約金で栄養摂取に投資しろ、筋トレマシーンなど道具に投資しろというアドバイスも多いです。

年俸が5000万円ほどを超えると個人トレーナーと契約してより野球をやりやすい環境を整えることが多くなります。


プロスポーツは賞金などスポンサーも多く収入は高くなりますが、高い人で1億~2億円ほどですね。

賞金王や賞金女王と呼ばれています。

どうしてもトップ、1位の選手の年収・賞金が注目されますが、だいたい5位以内であれば年収は5000万円ほどになるようです。

初の賞金女王の方でも過去は5000万円や7000万円だったりと意外ともらっているものなのだという印象でした。

プロゴルファーは体力による影響の割合というのは他のスポーツに比べるとそんなには高くなく、経験や技術も関係してくるので優勝が40代の選手だったり、60代で現役と言う選手もいますし、比較的長く続けられるスポーツです。

そういうことを考えればチャンスは多くなりますし、自信があるかたは挑戦してもても悪くないスポーツでもあると思います。

年収では1000万円かどうかという部分を基準にする方も多いですが、1000万円以上の年収では商社、テレビ局、銀行、証券会社などが多いですね。

この職業は比較的赤字になることはそこまで多くはなく、安定した給料をもらえる傾向にはあるようです。

商品を提供するメーカーは600~800万円ほどの収入が多いようですね。

一部上場企業でも業種によっては500万円前後、1300万円前後と大きく差が開いている様子でしたが、同じ業種同士ではそんなには変わらない年収で、どれを扱うかで収入も決まってくるようですね。

年収1000万円の職業は人気が高いので、入社しやすい大学や偏差値が高い大学を卒業しておく必要があることが多いです。

<<   HOME    1  2  3  4  5   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts