忍者ブログ
最新記事
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
最新コメント
カテゴリー
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
アクセス解析
<<   2017   09   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
24 September 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


プロ野球選手の平均年俸は3700円前後でサラリーマンに比べるとやはり高いですね。

高年俸な選手では阪神タイガースの金本、城島、ソフトバンクホークスの松中、日本ハムファイターズのダルビッシュ有などの選手がいます。

最高では5億円になることが多いです。

今は昔まではなかった育成選手もいますが、その育成選手の最低年俸は限度額として240万円です。

昔はまだ高かったそうですが、育成枠が出来てからは引き下げられました。

ドラフト下位指名になると契約金なしのこともありますが、上位指名の場合には8000万円~1億円となります。

プロ野球界では契約金で栄養摂取に投資しろ、筋トレマシーンなど道具に投資しろというアドバイスも多いです。

年俸が5000万円ほどを超えると個人トレーナーと契約してより野球をやりやすい環境を整えることが多くなります。

PR

プロスポーツは賞金などスポンサーも多く収入は高くなりますが、高い人で1億~2億円ほどですね。

賞金王や賞金女王と呼ばれています。

どうしてもトップ、1位の選手の年収・賞金が注目されますが、だいたい5位以内であれば年収は5000万円ほどになるようです。

初の賞金女王の方でも過去は5000万円や7000万円だったりと意外ともらっているものなのだという印象でした。

プロゴルファーは体力による影響の割合というのは他のスポーツに比べるとそんなには高くなく、経験や技術も関係してくるので優勝が40代の選手だったり、60代で現役と言う選手もいますし、比較的長く続けられるスポーツです。

そういうことを考えればチャンスは多くなりますし、自信があるかたは挑戦してもても悪くないスポーツでもあると思います。

忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts